プロジェクトについて

KAPLAを通じての支援『KAPLA東北キッズプロジェクト』

「KAPLAほしい」被災地の保育園や幼稚園の声を受けて、保育団体・幼稚園団体・被災地支援プロジェクト、おもちゃ屋さん、個人の方までが、寄付を集め、あるいは自腹で「KAPLA送ってください」とアイピーエスに注文が入りました。みな、KAPLAのファンです。
 中でも日頃お付き合いのある潟Pイミー・オフィスの青木さんが「KAPLAファンのひとり」として提案してくださったのが「KAPLAを東北の子どもたちへ届ける」プロジェクト。その提案に日本各地の生協さんや有機野菜の宅配会社が賛同してくださり、KAPLA基金を設立することとしました。

プロジェクトのしくみ

1 独立した組織で運営します。

プロジェクトのメンバーには、KAPLA日本総代理店(有)アイ・ピー・エスの冨安の他、(株)ケイミー・オフィスの青木さん、賛同してくださった生協さんをはじめ、被災地で支援の受け皿として活動されているプロジェクトやボランティアセンターの方々に入っていただき、メンバーで協議して、寄贈先を選定、贈呈いたします。
プロジェクトは、アイピーエスとはまったく別の独立した組織ですが、その運営活動にあたってはアイピーエスから全面的な協力を受けます。

2 状況をプロジェクトのホームページで随時ご報告します。

寄付の状況、寄贈先、寄贈先の子どもたちの声など、プロジェクトの様子を見える形で、ホームページに掲載いたします。

始まったばかりのプロジェクトでまだ実績はありませんが、今までのアイ ピーエスの支援活動の様子をご覧ください。 ⇒東北の子どもたちの様子

3 プロジェクトは規約を設け、規約通りの運営をいたします。

規約詳細は別紙をごらんください。⇒プロジェクト規約

さまざまな形のご支援をお受けしています。⇒図での説明

 

個人 寄付

法人 寄付、寄付の呼び掛け、寄付金付きKAPLA販売